経済・政治・国際

2011年11月 9日 (水)

情報を受け取る時の注意点

昨日仕事帰りに上野のアメ横に寄ってほそ切りめかぶと昆布を買いました。三陸産の海産物は福島原発から高濃度の放射能を含む汚染水が海に流れ出したこともあり、怖くて買いたくないと思いました。結局ほそ切りめかぶは伊勢湾産のもの(100グラム600円)、昆布は北海道羅臼産のもの(150グラム600円)を購入しました。(伊勢湾は愛知県三重県、羅臼は他移動の北端です)

私は野菜についても、自分なりの自己防衛の基準として福島およびその隣接県産の野菜は買わないようにしています。ただ海産物ほどの情報がなく決めている基準なので、私の方針を強く主張するものではありません。

よく風評被害ということがいわれますが、風評とは事実かどうかわからないうわさの類ということができると思います。うわさに影響されて人々が行動を決め、その行動の結果受ける被害が風評被害であるといえます。以下そういう定義で話を進めていきます。

その定義で考えると、今回の原発事故についておきている野菜の買い控えなどは確かに風評被害といえるのかもしれませんが、それが正解か不正解かはまだわからない。
水俣病やイタイイタイ病など過去の公害被害のように手遅れになってからでは遅いのだから、確実な情報とは言えなくても自分なりの基準を持って動くことが大切なのではないかと思うのです。

では私たちは何を基準に風評や事実の見定めをしていけばいいのか?

①私はいい事と悪いことの両側面が入っている情報は信憑性が高いと思っています。

②またその情報の中に自分のすでに知っている真実の情報が入っているときはその情報の発信者の情報全体においても正確性が高いのではないかと思っています。

①は情報発信者の正直さ、②は情報発信者の慎重さや情報収集力の高さの現われということができると思います。

①と②について買い物をしたアメ横の店員(家族でやっているお店で店員というよりそこのご主人)のを例に挙げて考えてみます。私がご主人に別のめかぶについて産地を聞いたとき、「韓国産だと思うよ。韓国産も日本産も変わらないよ。日本海でつながっているからね。ただ中国産はやっぱりだめだね」といっていました。元々この質問は三陸産だったりしないか確認するための質問だったのですが、私はこのやり取りで①②を満たしていることがわかりました。

①は中国産はだめと言っていることでわかります

②は中国産はだめで、韓国産は日本産と遜色ないという発言でわかります(この二点については私にはすでに情報としてありました。)

①②から私はもしそのお店のほかの商品についてそのご主人が言ったことについても信頼したと思います。実際は他の買い物をしなかったのですが。

私がすでに持っていた情報について具体的に述べますと

以前近くのお店で韓国産の生わかめを買ったときに国産のわかめと遜色なかったという経験があった。中国産の食品を食べておいしくなかったことは多々ありますし、薬剤の多量使用のせいなのか、中国産の乾燥わかめ、切干大根、しらたき、冷凍のほうれん草など食べると決まって翌日のどが痛くなるという経験をしてきている。

ここまでで私が言いたいことをまとめると

情報を受け取るとき、①いい面と悪い面の両側面が入っているか②自分の既存の情報と一致するかという2点をよく見定めることが大切で、①②を満たせばその情報源は信頼できる可能性が高いのではないかということです。

2011年4月11日 (月)

被災地復興のアイデアを紹介

被災地復興のアイデアで私がなるほどと思ったユニークなアイデアを以下紹介します。それは、津波で破壊された海岸地域のもっともひどい部分を一部そのまま保存して、ミュージアムにしてしまうというものです。

現地にボランティアで行かれた方に映像を見せてもらったのですが、瓦礫の山でその瓦礫を左右に押し分けて道ができている状態。また現地は異臭がすごく、魚やもしかしたら人間の死体のからの死臭ではないかとのこと。少なくとも初期はそういった瓦礫、異臭そのままに上に屋根を乗せただけの状態で展示するとよい。

そこを中心に、地震、津波の恐ろしさを科学的に解説証明するような施設を作る。その際実際の映像を使ったり、CG映像を使ったり、また体験型のアトラクションも作成する。津波ミュージアムを中心とした、津波パークを作るというアイデアです。今回の地震は、世界中歴史上まれに見る大災害とのことで、それを体験する機会を、日本全国のみならず、世界中の人々に与え教訓としてもらうのが良いと思います。まじかに見て自分のこととして考えて、初めて人は本気で考えることになると思います。そのための施設になるのではないでしょうか。

被災地を見世物にするともいえるこの案には被災地の方の同意が不可欠なのは言うまでもないですし、早急な国民の意思表明が必要です。賛同できる方は政府や身近なところで政府にかかわる組織や人に知り合いがいらっしゃれば是非この案を紹介してもらいたいと思います。

2011年3月30日 (水)

勝間塾に参加しました

経済評論家の(という肩書きではすでに語りきれない)勝間和代さん主宰の勝間塾の第一回目のセミナーが本日行われて参加してきました。

時間は90分で、その中で今回の勝間塾の目的など語られました。勝間塾の立ち上げに際しては過去に勝間さん自身も他の方主宰の勉強会で学んだことがあり、その経験を元に、皆さんに成長のためのコミュニティーの場を提供したいと考えられたそうです。

本日は手元にA4用紙7枚(裏表で14ページ)の資料が手元に配られ、その資料の流れに沿って勝間さんは話をされていました。しかし、その資料は検索ワードとして使用されているに過ぎず、関連するさまざまな内容をよどみなく流暢に話されていました。講演のプロという感じですね。エーとかアーとか詰まることは一切なく、この方は人間ではなくロボットではないだろうかという気もするほどでした。

しかし決して、人間味がないわけではないです。身近な話なども織り込まれユーモアもあります。しかし、そのようなお話の中で感じたのは、勝間さんというのは、普段の生活をボーっと過ごしているのではなく、そこから何かしらの教訓(学び)を引き出して来ているということです。ですから、話が膨らんでいたり、それたりしているようで、しっかり、中心の課題と直接つながっていたり、どこかで戻ってきたりするのだと思います。

とここまで書いてきて、次回の勝間塾での私のテーマがひとつ決まりました。勝間さんのこのような私生活における学びのシステム、に注目して話を聴くです。勝間さんはまるで呼吸するように勉強しているように見えます。その呼吸を私自身感じるように話を聴いてみようかなと思いました。

セミナーでの具体的お話については、このブログに書きすぎるのも、ちょっとルール違反になる気もするので、今すぐには具体的には語りませんが、私の独自のテーマなどを語る上でヒントになるようなことがあれば、そのつど引用して取り上げていこうと思います。

さて少しだけ宣伝をしますと、この勝間塾は会費は月4800円。参加者は月一回の定例会
(セミナー)受講ができるが、セミナー参加は別途会場費用を負担。ユーストリームでの受講は無料。またオーディオブック、資料などをオンラインでもらえる場合あり。またオンライン上のコミュニティに参加できるIDが配布されます。毎月課題が出るのですが、その課題について話し合ったりすることが可能で、会員同士切磋琢磨して学習する場を提供してもらえるという特典となります。

この中ではこのオンライン上でのコミュニティーに参加できるというのが、もっとも大きな特典ではないかと、お話を聴いて感じました。勝間塾にこれだけ多くの会員が集まったのは、、勝間さんのこれまでの数々の実績があればこその成果といえると思います。その方たちをまとめコミュニティーとして提供していただけるというのはとてもありがたいことなのではないかと思っています。ちなみに本日会場に集まったのは、約500人でした。

最後に勝間さんの本を一冊推薦しておきたいと思います。今日のセミナーの中で参加者の方からの質問に答えて、商売をする時に、売り上げを上げる、利益を上げるにはどうすればいいかという内容のお話をされました。その内容をもっと詳しく知ることができるのがこの本です。いろいろなファクターがある中で、そのいろいろなファクターをたった一つの方程式であらわしてしまっているというすごい本です。

【送料無料】勝間式「利益の方程式」

【送料無料】勝間式「利益の方程式」
価格:1,575円(税込、送料別)

記者クラブ問題解決法

上杉隆氏の活動によって知られるようになった記者クラブ問題ですが。いまだに解決していない。なぜ解決しないのか、どうやったら解決できるのかを考えてみた。

なぜ解決しないのかだが、私たちの問題意識が希薄であるのが原因ではないか。そのため問題が問題として認識されていない状況である。

なぜ、私たちに記者クラブ問題に対する意識が希薄なのかを考えてみよう。
上杉さん他フリーランスの方々が記者クラブに対して、取材を許可するよう働きかけても断られているとの話があるが、それは上杉さん口から語られるだけで、いったいどのようにどこに働きかけてという具体的姿が想像できない。これは記者クラブが取材を拒否しており、映像その他で伝わってこないこともある。しかし、もうひとつには、記者クラブというものの実態が明確でないということにも原因がある。

私が、上杉さんはじめフリーランスの方に望むことは、記者クラブ問題における敵を特定して欲しいということだ。

具体的には、記者クラブ所属マスコミの特定。その中でも、フリーランスを締め出しの強硬派、維持派を特定することをして、私たちにもわかるようにして欲しい。これは、記者クラブ所属マスコミに対して、アンケートを実施して、アンケートの回答の有無と、そのアンケートの内容によって色分けすればよいと思われる。

さてここまで行ってもえば、私たちにもできることがある。フリーランス締め出しの強硬派、
維持派のマスコミに対して、①不買不視聴運動②取材拒否や、街頭インタビュー拒否③世論調査拒否など行えば良い*もし態度が不明のマスコミに対しては、そのつど「御社の姿勢は?」と質問してから取材の是非などを決めるようにすれば良い。そして回答については言質をとり、自由報道協会に連絡するとすればいいのではないか。(ちなみに自由報道協会についてはこちらをクリックしてお調べください。)


2011年3月26日 (土)

作家塩野七生さんが感じた、左翼とマスコミへの不信感

以前産経新聞の話の肖像画で紹介された塩野七生さんの体験談を紹介します

内容としては60年安保の時の話で、このときの体験によって、塩野さんは左翼とマスコミを信用しなくなったとのこと

まず首相官邸を取り囲むデモ隊に選ばれたのがもっとも穏健といわれた慶応と学習院の学生だったこと。もし全学連の指導層が本気なら一番先鋭的な大学のデモ隊をそこにやるべきなのにそうはしなかったのを見て、偽善だと感じて以後左翼を信じなくなったとのこと。

もうひとつは、そのときわざと門を開いてデモ隊を引き込んだ(塩野さんは「私はこの目で事実を目撃しているんです」といっています。)とのこと。しかし、マスコミは知ってかしらずかその経過をまったく報道しなかった。結局テレビや新聞の報道では首相官邸の門が偶然開いて中になだれ込んだデモ隊と警官隊がもみ合いになったことになっていたそうです。
塩野さんはわなだったのだと思うと言っています。

マスコミが経過をきちんと伝えてくれれば、多くの人は正確な判断を下せるようになると思うのに、マスコミは始まりと終わりしか報道しない。といっておられます。

現在記者クラブ問題など、大マスコミのうそが暴かれつつある現在ですが、もっと以前からその体質はあったということで興味深いです。ちなみにこれも新聞記事ということで、本当に信頼が置けるのかという一抹の疑念がありますので、聞き手の名前を挙げておきますと

聞き手 桑原聡 と書いてあります。

2011年3月20日 (日)

被災地対策、年度末の道路工事

無駄な公共工事といえば、最近はダムや高速道路の事が良く出ますが、20年前くらいは
年度末の道路工事のことが良く取り上げられていました。必要のない工事なのに予算消化のために行っているのではないかという理由です。

今日が3月20日なのでもう手遅れかもしれませんが、あの工事を差し止めてその予算を被災地の復興予算として付け替えられないのかということを考えました。業者の方も工事取り止めだと収入がなくなり反対かもしれませんが、予算はそのままに工事の内容を変えるのであれば反対も少なくなるのではないかと思うのです。どうでしょうか。

さて年度末の工事について疑問がもうひとつ、あの工事って無駄といわれていますが、
一応それなりの名目はつけているはず、昔私が警備のバイトをしたとき道路工事の周辺の
警備をやったことがあるのですが、マンホールの周りを掘って、水道管だか何かを付け替えていたような気がします。もし老朽化した地下の配管の工事だとすると、何年に一回は付け替えるというような基準があるはず。もし今後無駄な工事にメスを入れるなら、この老朽化の基準を見直すというアプローチをすればいいのではないでしょうか。

そしてもう一度被災地の状況との比較で考える時、もしかしたらその工事を一年先送りにした結果水道管が破裂する可能性が5パーセントあったとしても、被災地の惨状を回復させるほうが先決だよねというコンセンサスを得られれば、今年度分も間に合えばそうして欲しいですが、翌年度分工事についても予算付け替えで被災地復興予算に回すというのはありだと思うのですがどうでしょうか?

2011年3月18日 (金)

7人がけ運動を起こしませんか

最初この記事を書こうとしたときに保存に失敗してしまいまして
今こうして書いているわけですが
地震がおきてしまったことで、ちょっとそれどころじゃないのではという気もするのですが

電車の7人がけの長いすって、かなりの確率で6人がけになっていると思うんです
6人がけをちゃんと7人がけにすると16%増になりますから
もっとちゃんと、みんな7人がけにしようよと私は思うわけです

その具体策ですが

「この長いすは7人がけですよ」ともっと大きく明確に、表示をするように鉄道会社に意見を出す
これは今この時期は控えたほうがいいかと思います。鉄道会社も今大変だと思うので

もうひとつは、7人がけのいすの4人がけの方の中央に座るようにする
この位置に早い段階で誰かが、きっちり線にあわせて座ると、その後両端に座ったときに
左右に2人分ずつの空きスペースができ、4人目5人目の人はそこが2人分のスペースであることが明白なのでもう一人座れるように座ってくれる。結果7人がけになります。たとえ4人目5人目が多少真ん中によっていても、後から来た人が「ここ入ってもいいですか」と言いやすいぐらいのスペースは空いている。

この真ん中の人が少しでもずれてしまうと、片方は、2人には広いけど3人にはきついスペースになり2人がゆったり座り、片方は1人には広いけど2人には狭いスペースになり、1人が座り後から来た人が「すいません入ってもいいですか」と言うには無理がある狭い空きスペースしかないという結果になってしまいます。

無料ブログはココログ

最近のトラックバック