« 2011年5月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年6月

2011年6月26日 (日)

読書日記「加藤諦三の文章の書き方、考え方」その一」

この本は私が13年ほど前に購入して読んだ本です。
作文の書き方の本といえば確かにそうなのですが、それだけにとどまらないとにかくすばらしい本です。

はしがきを引用します。

よく、書くことがないという人がいるが、ほとんどの人は書くことはある。それをどう言葉に表現していいのかわからないでいるだけである。それを表現するのに障害になるようなことを自分が作り上げているのである。この本は、その自分が作り上げている障害を取り除こうとするものである。

この本は、文章を書くときにその書き方、テクニックについての話ではなく、何か書こうとするその人自身の中にあるこころの問題にアプローチしようとしているのです。ちなみに著者である加藤諦三氏は心理学、カウンセリング関係の著書を多数出されていますから、当然といえば当然の視点でもあります。

私の経験上このアプローチこそ何か表現する上で、まず最初に取り組むべき正しいアプローチだと思います。、、、、、、と書きたいところですが、根源的な部分ゆえに、難しいアプローチでもあると思います。
しかし、なぜか硬い、形式ばった表現(会話、作文)にしかならない、表現にふくらみや、面白みがない、どこかで聞いた受け売りのことしかでてこないということを解決するには、このアプローチが欠かせないと思います。

先ほど私はすばらしい本と書きましたが、以上の理由で自己を表現するということに関して、根源的な部分にアプローチしている本物の本である。といえると思います。

この本については書きたいことがたくさんあり、うまくまとめられません。ここまでの文章も若干そうなっている気がしないでもありません。そのため、今回の記事は、その一とし、何回かに分けて、この著書を引用して解説していきたいと思います。

  • P102「書くスピードを思考のスピードに近づけなさい」~引用
    文章を書くときには、難しく考えないで頭に浮かんだことを、そのまま書いてしまうことである。もちろん頭に浮かんだことをそのまま書いてしまうと、たいていおかしな文章になる。しかしそれは気にしない。通じない文章でもいい。

このP102からの章で、著者はそのまま書いてしまうことについて、具体的な指導を行っています。例えばこんな風である。

例えば今、私は「人に読ませる文章を書こうとすると、心理的に構えてしまう」と書いたように思えるかもしれない。しかし最初の文章はそうではない。
順序を言えば次のようである。
はじめの文章は、「文章を書こうとすると、構えてしまう。」である。しかし、それを書いた後で、「あー、文章を書くといっても、緊張してきちんとした文章を書こうとするのは、人に読ませることを意識したときだな」と思う。そこで、「人に読ませる」が必要だなと思う。そして、「
人に読ませる文章を書こうとすると、構えてしまう」となる。
またそうか、「構えてしまう」といってもそれは肉体的にという意味ではなく、「心理的に」という意味だなと思う。そこで「心理的に」を加えて、「心理的に構えてしまう」と書く。

この手法はブレインストーミングにも近いものがあると思います。まず無意識を自由に遊ばせて、文章にして、後から修正するという手法であるといえると思います。そのためには、書くスピードを速める必要がある、遅いとどうしても書くときに意識の検閲が入ってしまい、筆が進まなくなります。

さて私の今回のブログの記事の書き方はどうかといえば、2~3行はまず書いてしまって、それから直す。という方法で書いています。本当はもう少し長文をザーッと書いてしまってから修正するほうが、意識の検閲が少なくていいのかもしれません。今度その方法で書いてみたいと思います。

もしも皆さんの中で、まずザーッと書くことができないという方がいたら、それは、意識の検閲が習慣化してしまっているということで少し、重症といえるかもしれません。

その場合、パターン化された表現に拘束されている状態に気づき、それ以外の自由な(つじつまが合わなかったり、不穏当な)感情表現を出していくように練習が必要です。

2011年6月 1日 (水)

読書日記「驚異のブラインドタッチハンドブック」増田忠著

この本

以前に一度紹介したことのあるこの本ですが、もう一度紹介したいと思います。なぜかというと、前回紹介したときはそれほど詳しく紹介しなかったからです。

元来私は人に何かを押し付けるのが嫌いで、あくまで本人の自由意志を尊重したいという気持ちがあります。ですから、何かを薦めたり、紹介するときもあまりあーだこーだとしつこくいうのではなくて、簡単にいいと思った部分について述べ後は相手の判断に任せるというスタンスを取ってきました。この本についてもそうでした。

またあまり詳しく書いてしまうと、その本を買わずして内容を知ってしまうことになるので、結果としてその著者の不利益になるのではないかと懸念しているからでもあります。

今回のこの本についての紹介については、もう少し内容を書くことで実際に本を手にとってやってみなくても、この方法ならブラインドタッチになれそうだというところまで皆さんをを引っ張っていきたいと思っています。その情報をちゃんと受け取り試すところまで持っていく努力は押し付けではないし、もっとやるべきであったと今は反省しています。

この本の内容は、内容を聞いて知ったからといって、この本を実際に読んで実習することなく結果が出るということはないと思いますので、その意味でも著者に不利益が出るということもなさそうです。

では実際の紹介です。

まずこの著書で得られることですが、ローマ字入力だけでなく、英文タイプにも効果を発揮します。皆さんの中にはもうブラインドタッチでスピードも速いという方がいらっしゃると思いますが、そういう方も英文タイプの習得の近道としてお使いいただけます。

練習方法、、、か行
右手中段中指+右手上段中指=き
右手中段中指+右手上段中指=く
右手中段中指+右手上段薬指=こ
右手中段中指+左手中段小指=か
右手中断中指+左手中段中指=け

を3~5回練習

次に

きくこかけ
きき、きく、きこ、きか、きけ
くき、くく、くこ、くか、くけ、
こき、こく、ここ、こか、こけ、
かき、かく、かこ、かか、かけ、
けき、けく、けこ、けか、けけ

というように練習していきます。

どうでしょうか、ブラインドタッチになれそうな気がしてきませんか?私はそれまで北斗の拳などの練習ソフトなどでは、本当にブラインドタッチになれるのかどうか、ゴールが見えませんでしたが、この方法ではゴールがしっかり見えた気がしました。

さてこの本の著者についてこの本の巻末の著者紹介を引用します。

1951年鳥取県生まれ米子工業専門学校卒

シャープ、オムロン社を経て現在は日立系列のサラリーマン

プライベートでは、出版直後の「知的生活の方法」(渡部昇一著)で、普通のサラリーマンでも好きなテーマで研究やっていいんだと啓示を受けて、学習法の研究開発をライフワークと定める。KJ法に出会い、宗教体験をして、脳内革命。その後、久司マクロバイオティクスを知り、実行して身体革命。身体の中を高原のさわやかな風が吹き、疲れなくなる。会う人会う人に玄米菜食を勧めるので嫌がられている。

前書きから引用

とうとうここまで来たかと私はうなった。日経産業新聞(1996.4.9)は

「孫社長役員にキーボードを見ないで操作するブラインドタッチを義務付けた。社内のテストに合格すれば300万円のボーナスを与え、逆に期限までに合格できないと200万円給料をカットする。」と報じていた。

個人で学習するのではなく。孫社長のように、自分の会社の社員の生産効率を高めるために、ブラインドタッチの学習を導入したい場合、増田事務所はインストラクターの派遣も行っているそうです。

ホームページはこちら

2011年5月29日、午後

この日は12時から15時までTOEICを受験し、その後原宿のニコニコ本社での生放送を見に行きました。

目的は生上杉隆を見ることでした。

この日の放送では、反原発の内容をブログに書いて注目されている14歳の自称B級アイドルの藤波心さんのエッセー集の発売記念サイン会が予定されていて、その前に出版にいたるいきさつについて上杉氏が質問するというような内容でした。

ニコニコ本社内の喫茶店で行われ、喫茶店でお茶を楽しみながら二人のお話を聞くというスタイルでした。私がニコニコ本社前に到着したのが放送開始少し過ぎだったこともあり、その時にはすでにすごい列ができていました。しかもその列が女性ばかりだったため気後れして、結局あきらめて外でアイフォーンを使って放送を視聴しました。

さてこの藤波こころさんですが、とても言語感覚と、論理的な思考力に優れた人物だと思いました。ツイッターもやっていて、フォローしたのですが、はじめから揚げ足を取るつもりで本筋ではない部分の欠点をあげつらうような批判に対しては、容赦なく辛らつに、時には皮肉と笑いをこめて切り返すなど、14歳の少女にこれをやられると、こちらの立つ瀬がないほどです。

こころさんのブログはこちらです。

2011年5月29日、午前

FBとの連携を果たして初めての投稿となります。タイトルが日付のものは特にテーマがない雑記的な記事の時に使おうと思います。

今日はTOEICの試験を受験してきました。千代田線千駄木駅近くの郁文館夢学園というのが受験場所でした。私がついたときには建物に入る手前で入場待ちの列が伸びていたのですが、なんか男が多い。最近はTOEICは男性受験者のほうが多いのか?英語の試験だと女性のほうがむしろたくさん受けそうなイメージだが、、、?など少し考えましたが結局そこは男性のみの受験会場だったようです。

なぜそうするのかネットで見たところ、トイレの数の問題らしいです。男女同一会場にすると多分女性のトイレが足りなくなるので、女性限定の会場にしてトイレをすべて女性用として割り当てるために、残った男性も男性のみの会場での受験となるということみたいです。

さて試験の結果ですが、ヒアリング、リーディングともに後半の問題の問題が難しく歯が立ちませんでした。あてずっぽうプラスアルファーといった感じでした。ヒアリングが前半200点×70%+後半300点×30パーセント=230点、リーディングが前半200点×70パーセント+後半300点×30パーセント=230点、合計460点くらいと予想しています。

課題としてはヒアリングの後半の問題対策として、もっとビジネスレベルの難解な英単語になれなければいけないと思いましたので、そのレベルの英語テキスト(CD付き)で勉強したいと思います。

リーディングについては大量の問題をすばやく処理する練習が必要だと思ったので、TOEICの模試タイプの問題集を買ってやろうと思います。

« 2011年5月 | トップページ | 2011年11月 »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック