« プログラミングの勉強(その2「やったープログラムが動いたぞ」の続きです) | トップページ | 読書日記「伊藤真の『3分』力」 »

2011年4月11日 (月)

被災地復興のアイデアを紹介

被災地復興のアイデアで私がなるほどと思ったユニークなアイデアを以下紹介します。それは、津波で破壊された海岸地域のもっともひどい部分を一部そのまま保存して、ミュージアムにしてしまうというものです。

現地にボランティアで行かれた方に映像を見せてもらったのですが、瓦礫の山でその瓦礫を左右に押し分けて道ができている状態。また現地は異臭がすごく、魚やもしかしたら人間の死体のからの死臭ではないかとのこと。少なくとも初期はそういった瓦礫、異臭そのままに上に屋根を乗せただけの状態で展示するとよい。

そこを中心に、地震、津波の恐ろしさを科学的に解説証明するような施設を作る。その際実際の映像を使ったり、CG映像を使ったり、また体験型のアトラクションも作成する。津波ミュージアムを中心とした、津波パークを作るというアイデアです。今回の地震は、世界中歴史上まれに見る大災害とのことで、それを体験する機会を、日本全国のみならず、世界中の人々に与え教訓としてもらうのが良いと思います。まじかに見て自分のこととして考えて、初めて人は本気で考えることになると思います。そのための施設になるのではないでしょうか。

被災地を見世物にするともいえるこの案には被災地の方の同意が不可欠なのは言うまでもないですし、早急な国民の意思表明が必要です。賛同できる方は政府や身近なところで政府にかかわる組織や人に知り合いがいらっしゃれば是非この案を紹介してもらいたいと思います。

« プログラミングの勉強(その2「やったープログラムが動いたぞ」の続きです) | トップページ | 読書日記「伊藤真の『3分』力」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549468/51358602

この記事へのトラックバック一覧です: 被災地復興のアイデアを紹介:

« プログラミングの勉強(その2「やったープログラムが動いたぞ」の続きです) | トップページ | 読書日記「伊藤真の『3分』力」 »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック