« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月20日 (日)

心を読む方法

他人の心を読む方法といえば、心理学の本などでちょっとしたしぐさからその人の潜在意識を探るなどが有名ですが、ここでは少し違ったアプローチを紹介します

ちなみにこれは私が発見したオリジナルの方法です(まあ似たようなことは他でも紹介されていると思いますが)

①まず自分の心を無色透明にする
②その無色透明な自分のこころに読みたい相手の情報をできる限りいれる
③そのときの出来事と相手のしぐさ表情などの瞬間の情報を加える
④自分の中に感情が生じるのを待つ

簡単に言ってしまうと以上です
①②が完全にできればまさしく自分は相手そのものなのだから後はその瞬間の情報を加えると相手と同じ感情が生じているはずというわけです

①ですが、これは自分の思考パターン感情パターンを分析し把握しておくということです
 それによって思い込みをなくすことができる(自分独自のパターンを消しておく)

②情報とは本当に多岐にわたり多ければ多いほど良いですね
 その人が男か女か、年齢、服装、などとにかくその人になりきることを目指します
 生育暦、どんな技術や才能を持っているかなどもわかっているほうが良いです

①②に比べると③は簡単そうですがそうでもありません。自分に自信がある、自信がなくても例えばそれを隠すことなく、裸の自分をさらして生きているようでなければ、相手をしっかりとらえてコミュニケーションをとることは難しいと私は感じています。傍若無人に恥を恥と思わず生きている人はできるかもしれません。ただそうなると、①②はきっとうまくできていません。こういう人は、最初に書いた心理学の本の中のしぐさを読む方法などを用いたほうが良いでしょう。

さてこの方法を続けていると、例えばそのときの相手の感情だけでなく、相手の思考パターンというのも推測できることもあります。そして、その人はこういう思考パターンがあるから、こういう情報を与えるとこう考えるというようなこともわかってきます。もちろん外れることもあります。その時は、設定した思考パターンの推測が間違っていたということですし、推測どおりの結果なら、推測が正しい可能性が高まるということです。

この思考パターンの推測の時には①で捨てたはずの自分の思考パターンがデータベースとなって役立ちます。逆説ですが、捨てて、自分から分離して客観視できるようになって初めて他人を読むときに役立つということになります。

また他人との率直なコミュニケーションによって得られた他人の思考パターンがデータベースとなることもあります。自分の例で言えば醜い思考パターンは自分の過去の思考パターンから、きれいな心の人の思考パターンは過去の友人の思考パターンからとってきていることが多いですね。私は昔割と屈折していましたので。

以上です。ちなみにこの方法ですが、スーパージャンプの漫画でゼロという漫画がありますが、あの漫画の中で用いられている手法は私の方法にとても近いと思います。
このブログでわかりにくい方はぜひゼロを読んでみてください。

 

2011年2月 5日 (土)

前回の記事についての訂正

前回の記事「英語の対訳本で学習することの注意点」の記事で
倒置法についての記述に誤りがありました。

申し訳ありません
今後はしっかり調べてから記事を書きたいと思います

すでに読んでいる方は訂正済みの記事を再度お読みください

2011年2月 4日 (金)

英語の対訳本で学習することの注意点

英語学習で英語の対訳本を多読せよ
というのを良く見かけるのですが、今までうまくいかなかった理由がわかりました。

日常の会話では、倒置、省略の用法が多用されており、文法的におかしくない?なにこれ?と引っかかってしまい、すらすら読んでいけないということでした。

倒置、省略は、文法書では、そんなにメインの項目として扱われていない。またその説明の記述もいまいちわかりずらいように思います。

否定語(副詞その他)が先頭、、、否定語+yes、no疑問文の語順

方向や場所の副詞(句)が先頭、、、副詞+V+S

(主語に長い修飾語がつく時に)補語が先頭に出る、、、補語+V+S

目的語が先頭、、、目的語+S+V

*以上総合英語FORESTより一部引用

ということが理解できていないと読むときにひっかかってしまいます

英語の学習について

英語の学習のために今やっているのは

英単語、、、DB3000
NHKの講座、、、リトルチャロ
洋画の対訳本、、、若草物語
の三つです。

DB3000は最初簡単すぎるなあと思ったのですが、キーになる単語が網羅されておりとてもよいと思います。

NHKの講座をやろうと思ったのは何か学習のペースメーカーになるものがほしかったからです。後学習に変化があるといいと思ったからです。その役目は果たしてもらってます。

リトルチャロの講座は、ラジオ、TV、両方あるのですが、ラジオ放送はインターネットでストリーミング放送がされており、勤務時間が不定期の私にはとても都合が良かったです。1週間経過するとストリーミングが終了するというのも、厳しすぎずまたぬるすぎず良かったです。

対訳本については次の記事をお読みください

パソコンの学習について

ブログのテーマにパソコンについてと記入したのにほとんど書いていませんでした
タイピングについては少し書いたことがあります

さて私はパソコン市民講座というパソコン教室で勉強していて昨年の2月から通いだしたのですが、やっとまもなくPC検定4級が取れそうというところまできました

そして今年からはプログラミングについても勉強し始めようと思います
ヴィジュアルベーシックのテキストを買ったのですが、テキスト選択を誤ったのか良くわからず
ネットで検索した結果、よさそうな学習サイトを発見しました

しばらくこのサイトを軸に勉強してみようと思います
そのおすすめのサイトはこちらです

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック